足首のリハビリをグレードアップ

足首の捻挫は、スポーツ選手においてスポーツ関連の一般的な下肢障害として知られています。

これは、スポーツ選手のキャリアを終わらせてしまう可能性があります。

足首の捻挫のリハビリテーションには通常、足と足首の固有受容感覚トレーニングが含まれます。

固有受容感覚とは、体の位置と動きの内部運動感覚の認識に関係する複雑な神経筋プロセスとして定義されます。

 

固有受容感覚トレーニング

固有受容感覚トレーニングは、COP(圧力中心)や関節の位置の変化を感知する神経システムの能力に対するエクササイズです。

最近のメタアナリシスでは、慢性的な足首の不安定性を持つ活動的な成人の固有受容感覚とバランスに対する不安定性トレーニングの効果が調査され、結果に大きな矛盾があることが示されました。この矛盾により、機械受容刺激の組み合わせが、実際に従来の不安定性トレーニングの有効性を高めるかどうかが疑問視されました。

 

機械受容器

機械受容器は、足底と手のひらに存在する外受容器の一種です。これらの神経は、機械的な変形に反応し、刺激されると体性感覚皮質と連携し、足と体の認識を構築します。

皮膚の伸縮

皮膚の伸縮などの触覚刺激は、アスレティックテーピングという形で始めてスポーツ界に導入されました。ロックテープのような足首テーピングは、テープによる皮膚への牽引によって刺激され、皮膚の機械受容器の求心性入力を増加させると言われています。アスレティックテープと不安定性トレーニングを組み合わせると、慢性足関節不安定症の被験者のリハビリテーションが大幅に促進されることがわかりました。臨床的には、このことは患者がより早く退院でき、アスリートがより早くスポーツに復帰できることを示唆しています。

振動 

足首の感覚と安定性に大きな影響を与える可能性のある機械受容感覚刺激のもう1つは、振動です。パワープレートのような振動は、動的な動きと足が地面に接地するときの床反力の感覚をつなげてくれます。

一方で、裸足で行う不安定面トレーニングに閾値以下の足/足首に6週間加えたところ、不安定面トレーニングのみと比較して、片足の安定性が優位に向上したことが優位に向上したことが明らかになりました。

皮膚の伸縮のように、従来の固有受容感覚トレーニングに振動をくわえることで、より早い回復とスポーツ復帰につながります。

テクスチャー

足首のリハビリテーションプログラムに組み込むことができる、3つ目の足からの機械受容感覚刺激は、テクスチャーです。ナボソインソールによる、テクスチャーの認知や二点識別は、SA1メルケルディスクを刺激し、静的姿勢と横揺れの制御に不可欠な役割を果たすことが言われています。

現在のところ、感覚刺激と触覚刺激の組み合わせを実証する研究はおこなわれていませんが、テクスチャーを単独で使用した場合、足首の安定性のために有効であると示唆されています。これは、で実証されました。この研究では、慢性的な足首の不安定さを持つ人にテクスチャーインソールを使用すると、平らなインソールと比べて横揺れが減少することが示されました。

 

我々は 、動作の最適化のために、感覚を刺激することは重要だと考えています。

その感覚刺激は、テクスチャー、振動、皮膚の伸縮、固有受容感覚、視覚、聴覚を含む多次元的であるべきです。

我々は、様々な刺激と組み合わせることで、身体をスムーズに調整するテクスチャーを提供してます。

  1. Naboso
  2. ブログ エミリー・スプリカル博士により
  3. 足首のリハビリをグレードアップ
偏平足についてお話しましょう!

偏平足についてお話しましょう!

人間の足は、1日に5,000回以上、歩く地面に適応し、衝撃を吸収し、私たちの一歩一歩を進めているのです。 このような基本的な動作は、どのような仕組みで行われているのでしょうか。   それが「プロネーション」です。  ...