Naboso Technologyでピラティス練習をサポートする

1920年代初頭にジョセフピラティスによって設立され、ピラティスは、ジョセフの個人的な動きの経験、第一次世界大戦の獣医との仕事、ルドルフラバンの下でのトレーニングを通じて開発されました。1923年に、ジョセフピラティスは […]

2021年3月21日

1920年代初頭にジョセフピラティスによって設立され、ピラティスは、ジョセフの個人的な動きの経験、第一次世界大戦の獣医との仕事、ルドルフラバンの下でのトレーニングを通じて開発されました。1923年に、ジョセフピラティスはニューヨーク市に最初のピラティススタジオを開設し、すぐにダンサーのお気に入りの練習となりました。

クラシック、コンテンポラリー、フレッチャー、ストット…今日、ピラティスの方法論のバリエーションは膨大ですが、心身のつながり、骨盤底までの呼吸、姿勢の調整や優雅さすべてそれぞれの方法に統合されています。

すべての方法論の進化とともに、イノベーションの機会が訪れます!新しい器具の革新。新しいエクササイズの革新。そして刺激を与える新しい方法の革新。

感覚科学の世界へ

2017年のNabosoTechnologyの発売により、私たちの体を刺激する素材はピラティスコミュニティの間で急速に人気を博しました。生徒が自分の基礎(足)をうまく理解できるようにすることは、体と呼吸への強力なつながりにもなります。

感覚科学がピラティススタジオに組み込まれるのは時間の問題でした。

ジャンプボードエクスペリエンス(体験)の向上

ピラティスジャンプボードは、ダイナミックな動きとインパクトをピラティスエクササイズにもたらす独特な方法を提供します。ジャンプボードの運動を統合することで、足からコアへの連動を中心に構築された適切な足の位置と接地のテクニックをトレーニングすることができます。

Naboso Technologyには、ピラティス実践者が足裏を刺激する素材で作られた製品を特定の場所に設置することで、学生の練習をサポートすることができるでしょう。

Naboso Standing Mat または Naboso Training Matをジャンプボードと合わせることで、生徒は足とボードの関係をより速く感知できるようになり、よりスムーズな接地テクニックが可能になります。さらに、効率的な動きが地面(この場合はジャンプボード)を想定して構築されるため、加工されたサーフェスにより、より速い動きが可能になります。

フットバーエクスペリエンスの向上

適切な足の配置と動きは、ピラティスフットバーでさらに強調され、トレーニングされます。また、これはNabosoテクスチャ素材と合わせる絶好の機会を提供します。ピラティス実践者の中には、バーの周りでNaboso Standing Matを使用している人もいるし、販売もしています。

他のピラティス器具との相乗効果

ピラティスセッションを通じて足(または手)の刺激を高める機会は、リフォーマーだけに限定されません。ナボソマテリアルはすべてのピラティス器具に統合することができ、あなたの創造性によってさまざまな使い方ができます。

ピラティスマット運動の強化

最後に、Naboso Technology はグループトレーニングにも組み込むことができます。当社のナボソマインドボディマット(Naboso Mind Body Mat)は6.5mmの厚さで、床での運動に十分なクッション性があり、さらに感覚刺激が可能です。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。