Chat with us, powered by LiveChat

ブログ

カテゴリー

“リカバリー” こそワークアウトの極意! 簡単にできる足のリカバリープログラム

“リカバリー” こそワークアウトの極意! 簡単にできる足のリカバリープログラム

リカバリー 「リカバリーはワークアウトの最も重要な側面」……私たちが常にトレーナーやセラピストから聞いている言葉です。 リカバリーを効果的にするためには、リカバリープログラムがそれぞれに合った方法であることが必要だということご存知ですか。つまり、実際にはリカバリーの間違った方法もあるのです。 それでは、足のリカバリーについてお話しましょう。  私たちの足は毎日の私たちの体と動きを支えています。ケアしてあげるべき部位は、足ではないでしょうか?...

足の悩み 代表選手、 外反母趾 。またの名を “ミスマッチ病”

足の悩み 代表選手、 外反母趾 。またの名を “ミスマッチ病”

”ミスマッチ病” ――それは『人体六〇〇万年史ー科学が明かす進化・健康・疾病』 (早川書房)に書かれている言葉です。 この本では以下のように紹介されています。 「非力なヒトはなぜ厳しい自然界を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。 脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。 2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか・・・。 人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、 ヒトの未来を占うことにもつながる。」 進化生物学者リーバーマン氏の著書です。...

硬いふくらはぎから扁平足まで ー 足首の “可動域” にアプローチする3つの方法

硬いふくらはぎから扁平足まで ー 足首の “可動域” にアプローチする3つの方法

足首や股関節 など、関節のモビリティ(可動性)または柔軟性は、 歩く、しゃがむ、またはジャンプするなどのダイナミックに動くとき、地面からの力を伝達するために重要です。 可動域の制限は、動きの制限、代償パターン、および関節のストレスにつながる可能性があります。   足病医として、動きに影響を与える可動域制限がよく見られる関節の1つは足首です。 硬いふくらはぎから扁平足まで、足首の可動域が制限される一般的な原因はいくつかあります。 ただし、原因に関係なく、足首の柔軟性を高め、動きを改善するために誰もが試せることがあります。...

足の意識が ゴルフ の体重移動とパワーを向上させる方法

足の意識が ゴルフ の体重移動とパワーを向上させる方法

力の出力を最適化するためには、ゴルフ スイング中の体重移動が重要であることはよく知られています。足は地面との唯一の接触点であり、この体重移動は足の圧力分布とその圧力分布の気づきに大きく関係しています。       足の感覚機能 人間の足は、26 個の骨、33 個の関節、100 個以上の筋肉、腱、靭帯からなる魅力的な構造をしています。...

裸足 効果が素晴らしい! 子ども にとっての 裸足 での刺激のメリット

裸足 効果が素晴らしい! 子ども にとっての 裸足 での刺激のメリット

"人生は感覚の遊び場" です。 地面からの衝撃による振動からお気に入りの歌の音色まで、私たちの認知、感情の柔軟性、運動制御を形成する感覚刺激。子どもの頃を思い出すと、多くの人は本能的に靴を履かないほうが好きだったことを思い出すかもしれません。私たちは、裸足の方が環境の違いを感じやすいことを直感的に知っていました。       子どもにとっての裸足での刺激の重要性...

丈夫で健康な足を維持したいあなたへ ”強い足” をつくる5つの方法

丈夫で健康な足を維持したいあなたへ ”強い足” をつくる5つの方法

足が丈夫であることーーそれは、カラダの土台が丈夫であることを意味します。足には29以上の筋肉があり、丈夫で健康な足を維持するために、毎日できる大切なステップがあります。ナボソ創設者であるDr.エミリーが、“強い足” をつくるための5つの方法をご紹介します。       ステップ1:毎日の足のモビライゼーション 1日2回、5分間、ナボソ...

扁平足についてお話しましょう!

扁平足についてお話しましょう!

人間の足は、1日に5,000回以上、歩く地面に適応し、衝撃を吸収し、私たちの一歩一歩を進めています。 このような基本的な動作は、どのような仕組みで行われているのでしょうか。   それが「プロネーション」です。       プロネーション(回内)とは? プロネーションは、足のロックを解除する動作と定義され、後足部と中足部の関節を含む複雑な3面の動きです。 プロネーションは、足の内側への回転、いわゆる外反、とアーチの低下を伴うのが一般的です。...

足底筋膜炎 と 足指セパレーター

足底筋膜炎 と 足指セパレーター

足底筋膜炎 を経験したことのある人なら誰でも、かかとに刺すような痛みがあることをご存じですよね。数日間、あるいは数ヶ月間、その症状が続いたとしても、ほとんどの人は、“安静”、“アイシング“、”鎮痛剤“、そして”ストレッチ“など、同じような治療法を選択します。 もし、足底筋膜へのストレスを軽減する別の方法があるとしたら? ……そう、私のお気に入りの足用品の1つである 足指セパレーター のことです! まずは、足指セパレーターの背後にあるサイエンスをお話する前に、足底筋膜の解剖学を復習してみましょう。    ...

腰痛? 5分間のフットリリースで 足と “筋膜ライン” を緩めましょう!

腰痛? 5分間のフットリリースで 足と “筋膜ライン” を緩めましょう!

私が外科の研修医だった頃、最も辛かったのは、睡眠がとれなかったことではなく、長時間の立ち仕事とそれに伴う腰痛でした。 「正しい姿勢」を覚え、体幹を鍛えようとしても、病院のコンクリートの床で1日12時間勤務するのは、人間の体にとって不自然なことなのです。   長時間の立ち仕事により腰痛に悩んだことがあるという方は私以外にもたくさんいるでしょう。 米国疾病予防管理センター(CBC)は、仕事中の過度の立ち仕事は人間工学に基づく健康リスクであり、米国の医療制度に大きな損失を与えていると発表しています。...